おしゃれじゃない生活

高齢腐女子な歴浅エイターさとうぶたばらの全くおしゃれじゃない生活

セフィーヌのファンデーションを使ってみました。

そんなわけで、セフィーヌのシルクウェットパウダー(ファンデ)を買うことにしました。

そこまでのくだりはこちら。

 

osharejanaiseikastsuu.hatenablog.jp

 

 貧乏ならお高めの化粧品なんて買うな。っていうのはごもっともなんですけど、この年で私の顔になってみろ。背に腹はかえられないって痛感するから。

とりあえず、ファンデーションをお高めにした分はどこかでオトシマエをつけなくてはならない。

外食一回分無しにするとか飲み会一回キャンセルするとか飲み会一回キャンセルするとか飲み会一回キャンs

で、セフィーヌですけど、私はド田舎住まいなので、そんなサロンとか何だとかなんて、近くにあるわけがない。購入しようと思った瞬間から手段はAmazon一択です、迷う事なく。

高いからなんだってんだ、高齢者だもん、明日もしかしたら死ぬかもしれないのに、何ヶ月も待ってなんていられない。年をとると、何をやるにも時間との戦いですよ。割高とか言ってらんない。

ただ、色がわからない(致命的)

冒険で買うには高すぎる。(しかもAmazon購入だし)第一、私は痒くなる人なので、実際に塗って試してみるほか無い。

なので試供品を手に入れてみました。名づけて「肉を切らせて骨を断つ作戦」(考えるな感じろ)

これで色も目処がつくし、何より肌が痒くならないかどうかも試せる。

ダフ屋テンバイヤーも顔負けのルートで試供品を入手し、早速休日に試してみました。

おお、時間が経っても痒くならない!

もう一度言いましょうか、

痒くならない!

すごい、すごくない?すごいよ!(痒くならないだけでこの喜びよう)

そして、やはり渡辺直美さんは肌がそもそもお綺麗なんだなと思い知りました。しかもお若いですしね。私が塗っても、あそこまで綺麗な肌にはならなかったです。そもそも私は涙毛穴の苺毛穴星人なので。

カバー力は、それまでがちふれBBクリームだったこともあり、「すっげ!」とは思いました。

ただ、 私が塗っても、あそこまで綺麗にあれこれをカバーは出来なかったです。そもそも私はシミが黒々星人なので。

 

 

余談。

セフィーヌだろうが何だろうが、とにかく土台が大事。資生堂のクレ・ド・ポーボーテのライン使いしようとか思う前に二十代は毎日メイクきちんと落として今よりも二時間早く寝ろ。

三十代は、「二十代→三十代」みたいな老化スピードで「四十代→」になるとか思ってるとエライ目にあうからな。「二十代→三十代」の劣化スピードが世田谷線なら「三十代後半→四十代→五十代」は東海道新幹線だから。例えが分かりづらすぎる。

 

 

で、それまでがBBクリームだったので比較が難しいですけど、乾燥はします。結構かなり乾燥します。感じ方はそれぞれだと思いますが、私はがっつり乾燥した。

そして、崩れないって言ってる方もお見受けしますが、それは若くて土台の状態が元々良い方だと思われます。崩れるけどとてもキレイに崩れる。これです。

何にしても、個人的にこれは買いだと思いさっそくポチりました。

色はOC100でリフィルのみ。ケースは検索してみたらマジョマジョの何かのケースがピッタリって有ったからそれでえやろ。って考えてたのですが、ねえし!(田舎デフォ)。でもソフィーナのファインフィットのケースがピッタリだったよー(なんとかなればいい)

 

 

ということで、週明け月曜はセフィーヌファンデでメイクをして出社。

どれくらいの効果があったかといいますと、出社して秒でフェアリー(同僚)が「さとうさん今日肌の調子がすごく良くないですか?!何かいいことありました?ファンデ変えました?」って。

因みに「何もねーよ、いつものさとうですが何か」って返したけど、すごいなセフィーヌシルクウェットパウダー。すごい。

私のような、年寄り、土台肌の状態が悪い方に是非おすすめしたい。毛穴カバーは分からんが、シミクスミのカバー力は高い。買いです

ただ、今のこの入手困難状態は何とかならんもんかね。かといって、一昔前の爆売れラーメン店のスープみたいに売れ時だけ薄められるみたいなことされても困るけどさ。

あと、減ってくるとすぐに砕けるのは品質としていただけない。

入手困難よりもマズイだろ。

が、二個目買いました(笑)

 

www.cefinecosmetics.co.jp